Top > ペット保険に入れる動物の種類

ペット保険に入れる動物の種類

ペット保険はペットなら全て入れるとは限りません。
当然ですが、輸入が禁止されている動物、飼育禁止となっているものは保険に加入できません。
ペット保険を扱う会社によって加入できる動物の種類が決められ、おおむね犬や猫は加入条件を満たしているなら大抵の保険に入れますが、小動物などは対象外となっていることがあります。
大手のペット保険なら、犬、猫、うさぎ、鳥は対象とされることが多いようです。
多くの保険会社では犬、猫がほとんどで、それ以外の動物は扱わなかったり、可愛らしくて余り鳴かないために周囲への迷惑が少ないとされる人気のペットのうさぎや、活発に動き回る姿がユーモラスで話題を集めるフェレットなども加入できるもの、あるいはインコなどの鳥に、カメやトカゲといった爬虫類も保障範囲にしているペット保険があります。
ペットが犬や猫なら、対象になっているかどうか心配はしなくて済みますが、ハムスターやプレーリードッグなどの小動物では加入できる保険は数が絞られるようですから、確認してから加入手続きを行います。
爬虫類を飼う方も同様に、しっかり調べておくと良いでしょう。
爬虫類のペット保険では日本アニマル倶楽部がおすすめといわれます。

 

 介護資格取得  介護保険料  介護保険  介護タクシー  介護タクシーの利用
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ペット保険とは(2009年5月23日)
ペット保険の種類(2009年5月23日)
ペット保険に入れる動物の種類(2009年5月23日)
ペットの医療費対策には保険(2009年5月23日)
ペット保険の保険料(2009年5月23日)